二重の申し込みが楽【簡単に位置情報を確認】

目に関する手術について

看護師

手術の流れや注意事項

二重にしたいと思ったら、美容整形外科へ行ってみましょう。整形手術を行う人は年々増えてきており、美容整形外科へ行くという行為も、昔に比べてかなり敷居が低くなってきています。さて、二重の整形手術の方法には、様々な方法があります。まず一つ目が、埋没法と呼ばれる方法です。埋没法は、料金も安くメスも使わないため、特に人気の手術方法です。もう一つが切開法です。メスを使い直接皮膚に切り込みを入れる方法のため、かなりしっかりとした二重が作れます。さて、どちらの方法においても、手術を受けるまでの流れとしては同じです。まずは美容整形外科へ行き、無料でカウンセリングを受けます。どのような目の形にしたいか、どのようなことがコンプレックスなのかを細かく医師に伝え、シミュレーションや、料金の説明などを受けます。カウンセリングが終了し手術を受ける意思が固まったら、手術日を予約します。手術は、ほとんどの場合日帰りで帰宅することが出来ますので、一日空けていれば良いでしょう。手術の日となったら、クリニックへ行きます。コンタクトの使用や、化粧は厳禁になりますので、注意しておきましょう。注意事項を再確認し、手術が開始されます。どのような方法であっても、手術は10〜30分程度で終わりますので、すぐに終わります。手術が無事終了したら、帰宅し安静にします。帰宅後は、手術部位が傷んだり、腫れたりすることがありますので、そのような場合は氷で冷やすなどの対応をし、なるべく直接触らないことが大切です。3日〜7日程度経つと、腫れも引き落ち着いてきますので、メイクやコンタクトも可能になります。一般的には、大体このような流れで手術が行われます。では、それぞれの手術方法について詳しく見ていきましょう。まずは埋没法です。埋没法では、メスを使わずに、代わりに特殊な糸を使用します。まずは、二重にしたいラインを決め、そのラインの両端の2点、または中心を入れた3点を決め、そこに糸を埋め込みます。糸を使って、皮膚を皮膚の中に埋没させるというイメージになります。その後は糸をしっかりと縫い付け、固定させます。糸は、皮膚にしっかり埋もれていますので、外から見て分かるようなことはありません。埋没法のメリットは、このような手軽さです。糸を埋め込むだけなので、手術も早く、万が一失敗したとしても、糸を抜けばやり直しも可能になります。また、より自然な二重に近づけることが出来ますので、手術をしたことを周りにばれたくない、というような人にもおすすめの方法です。次は、切開法についてです。切開法は、麻酔をかけ、メスを使い二重にしたいラインに切り込みを入れます。皮膚に直接メスを入れるので、一度手術を行ってしまえば、効果は永久に続きます。また、腫れぼったい目で悩んでいる場合などにも、効果的な方法です。余分な目の周りの脂肪を同時に切り取ってしまうことが出来るので、すっきりとした目にすることが出来ます。よりクッキリハッキリとした二重にしたい人におすすめの方法です。このほかにも、目頭のみを切開する目頭切開法や、皮膚の一部分だけにメスを入れる部分切開法などの種類もあります。なりたい理想の目に合わせて適切な方法は異なりますので、医師と相談のもと、自分にぴったりの方法を見つけましょう。